0件がヒットしました

XLH

XLHスポーツスター スポーツスター55キュービックインチ(883cc)エンジンを搭載。1958年から圧縮比が9:1となり、従来のXLにハイコンプレッションを意味する「H」が追加されたモデルが登場。XLは翌年ラインアップから姿を消し、以降XLHのみとなる。1965年~電装が6Vから12Vに変更、1967年~セルスターターを装備。1971年まで生産された。