バイクで事故!....知っておきたい豆知識

バイクで事故!....知っておきたい豆知識

 

 

 

普段バイクを運転しているとあまり意識をしないですが、事故はつきものです。どれだけ注意深く運転していても、事故を起こすときは起こしてしまいます。そこでバイクで事故した場合や起こした場合のときの注意点や、知っておいた方が良い知識を紹介します

 

 

 

【事故が起きた時】

 

①状況把握する

まず事故した場合は興奮状態なので、具体的に何をしたらいいかよくわかりません。そこでまずは安全な場所に避難してください。

 

 

 

②救急車を呼ぶ

けが人いれば119番通報。救急車が到着するまで、相手側にケガはないか、まず安全な場所移動できるか確認する。無理そうな場合やわからない場合は動かさず、その場で安全を確保できるように努めてください。自分が動けない場合は周りの助けを求めることもする。

 

 

 

③警察に連絡

事故をおこしているのでどんな場合でも110番通報する。警察官が事故現場まで来ると、実況見分に立ち会い、事情聴取に応じることになります。その時に、管轄の警察署と対応してくれた警察官の氏名を記載した用紙を貰うのでなくさないようにして下さい

 

 

 

④協力者を見つける

できれば周りの人も巻き込み協力してもらう。だいたい事故が起きると周りは助けてくれるものです。その方にもあまえて協力してもらおう。具体的には110通報や119番通報、事故のバイク移動です。できればお礼もしたいので連絡先を聞いておくことをお勧めすします。

 

 

 

 

 

【現場検証が終わってすること】

 

①病院へ行く

その後、現場で救急車の搬送や事情聴取が終わると、警察の方から被害者の搬送先病院へ行って欲しいと言われます。「事故してるんだから、お見舞いに行きなさい」という意味もあるとは思いますが、ここでは別の理由があります。

 

 

 

・事故の受理番号を出すため

そもそも受理番号というものは、交通事故証明書(保険金に支払いに必要なもの)の発行に必要になるものです。人身事故の場合、その受理番号を発行は病院の診断書が必要。ようするに診断書をもらうためです。ちなみに診断書はけが人が軽症であれば当日発行され、長引く怪我の場合は後日になります。

  

 

 

 

・連絡先を聞くため

人身事故してしまうとうっかり連絡先を聞いてない場合が多くあります。事故証明の申請も「事故の日時」「場所」「氏名」「連絡先」が必要になります。直接聴く機会はないからです

 

 

 ②保険会社に連絡

現場が落ち着いたら、当日に保険会社に連絡です。電話の先で担当の指示に従って答えていくだけなので簡単です。この時用意するものは「任意保険証書」「車検証」を用意しておくとスムーズに進みます。また事故の担当者から再度折り返し電話があります。相手方とのやりとりなど、その後の事故処理はしてくれます。

 

 

 

最後に、人身事故をおこしたら移動も含めると半日はかかります。もしもの時はもっと大変なことになります。そうなる前に未然に防げるものは防ぐ!皆様バイクを乗るときは楽しく安全運転を心がけましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとハーレーが増えたらいいのに!

よかったら中古車購入の際にはハーレースタイルが運営しているハーレー中古.comも参考にしてください!

ハーレー中古.com

 

http://harley-style.com/

 

 

 

 

最新の記事(※画像クリックすると移動します)

 

 

 

 

 

豆知識の記事一覧