キアヌ・リーブスがプロデュースのArch Motorcycleってなに?

キアヌ・リーブスがプロデュースのArch Motorcycleってなに?

 

 

 

 

 

7月23日より開幕した鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)。でキアヌ・リーブス氏。25日・26日は自身がプロデュースするArch Motorcycleでのサーキット走行を行うほか、トークショーも開催した。

 

 

 

 

 来場は、なんとキアヌ氏本人の希望により実現したという。二輪モータスポーツ界が誇る真夏の祭典は、ハリウッドスターの登場により一層盛り上がった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トークショーでは自身がプロデュースしたArch Motorcycleのプロモーションと実際に鈴鹿で走らせた感想をトークショーで披露。キアヌ本人も鈴鹿ランは非常に満足しており、会場は人だかりで大盛況であった。 

 

 

 

 

 

 

 

走行の動画はこちら

 

 

 

【鈴鹿8耐】キアヌに最接近!これがハリウッドスターの風格だ![ResponseJP レスポンス】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではキアヌがプロデュースするArch Motorcycleとはどういうものか?まずはこちらを見ていただきたい

 

 

 

Keanu Reeves and Gard Hollinger ride the new Arch KRGT-1

 

 

 

 

 

以前も紹介しましたが、キアヌ・リーブス氏が、カスタムショップ LA County ChoprodsのGard Hollinger氏と共同でバイクメーカー Arch Motorcycle Companyを設立しています。注目のマシンはArch KRGT-1。詳細はS&S製の2032cc(124ci)空冷V型2気筒を採用。BAKER製のカスタム6速トランスミッション。フロントフォークにはオーリンズ製の43mm倒立式サスペンションを装備。リアには調整式のレーステックを使用。FブレーキにはISR製6ピストンキャリパーが2個装備。

 

 

 

軽量化を図る為にカーボン製の軽量ホイールを採用。独自スタイルのガソリンタンクには66時間掛けて削り出し加工され、19リッターのタンク容量。フレームやスイングアームなど他にもアルミ削り出しパーツを採用し、車重は245キロ台である。気になるお値段は$78,000(850万円)となっている

 

 

 

 鈴鹿で飾られていたArch KRGT-1

 

 

 

 

 

マフラーです!

 

 

 

よくみるとヨシムラのマフラー....意外!Arch Motorcycleのマフラーはヨシムラなんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみになんでハーレーのことでArch Motorcycleとキアヌ・リーブスがでてくるのと思われる方いるかもしれませんが、このArch MotorcycleのArch KRGT-1はS&Sのエンジンを使っています。S&Sのエンジンって何?という話になるのですが、簡単に言うとハーレーのエンジンと基本同じ構造のものをS&S社が独自のパーツを使い作っています。ハーレーのカスタムでもよくS&Sのエンジンを使います。そのエンジンでキアヌリーブスはオリジナルのマシンを作っているんです。

 

 

 

 

 

 

 

参考

ハーレーのカスタム車両お探しならこちら (※画像クリックすると移動します)

 

          

 

 

 

 

最新の記事(※画像クリックすると移動します)

 

 

 

豆知識の記事一覧