4輪免許で乗れるバイクがハーレーにもある?

4輪免許で乗れるバイクがハーレーにもある?

 

 

 

 

トライクの歴史は長く1932年から1973年の41年間生産。ハーレーダビッドソンの歴史でも最長の製品ラインアップの1つでした。

 

 

 

 

 1932年式サイドバルブのトライク。このころはサービカーと言われていました。

 

 

 

当時はおもに警察署や、カーディーラーなどの企業に人気があったようです。

 

 

 

 

そして日本では2014年モデルから純正トライクTRI GLIDE ULTRAが発売されました。

 

 

  2014年にハーレーダビッドソンジャパンよりトライグライドが発売された時の模様です。

 

 

【日本のトライクにおける免許不思議】

トライクに必要な運転免許ですが、アメリカでは基本的に二輪免許(州によって違いがあり、ネバダやカルフォルニア州では車の免許でもOKみたいです)。日本では四輪免許(ATは不可)になります。だからヘルメットが要らない。どう見ても危ないし二輪の要素が強いと思うのですが...不思議ですね。

しかし、四輪免許しか持っていない人にはもってこいのバイクかもしれませんね(ヘルメットは義務ではないですが着用はしておいた方が良いですね)。

 

 

意外と知られていませんが、純正以外にもEMLなど他メーカーのトライクもあります(EML仕様XL1200Cトライク)

 

 

 

 

最後にポリス仕様のサービカーの動画。サイレン鳴らしてやりたい放題です....さすがアメリカですね!

 

 

また面白いトライクがあればご紹介していきましょう

 

 

 

参考資料

HARLEY STYLE 中古ドットコム XL1200Cトライク中古 FLSTFトライク中古

中古車をお探しの方はこちら→HARLEY STYLE ハーレー中古.COM

 

 

 

 

 

豆知識の記事一覧