ハーレーダビッドソン、ドゥカティの買収を検討か?

ハーレーダビッドソン、ドゥカティの買収を検討か?

フォルクスワーゲングループ が7月に入札を受け付けると言われる、イタリアのバイクメーカー、ドゥカティ売却問題。

ロイターは、この入札に、ハーレーが名乗りを上げそうだ、と報じている。

写真 http://www.reuters.com/article/us-volkswagen-ducati-m-a-idUSKBN19C1XX

 

2012年にVWグループ傘下のアウディに買収され、財務危機を脱したと言われるドゥカティ。

売却額は14〜15億ユーロの見込み。 

売却のニュースに際しては、インドの巨大グループ、ヒーロー モト コーポレーションや、そのライバル、TVSモーター カンパニーも一早く興味を示していたが、金額的に折り合いがつかず、入札には見送る見通しだという。

また、BMW、そしてホンダ、スズキも入札に興味を示していない、と報じられる中、フォルクスワーゲン側のスポークスマンによる「ドゥカティは宝石で、その売却はフォルクスワーゲンの監査役会の労働者委員会によって支持されていない。」なんていかにもNY証券取引所上場企業を意識した発言や、「ハーレーは技術的にはドゥカティに何マイルも遅れをとっている」なんて挑発的な売込み文句も飛び出し、ここへ来て「ハーレー?」説が急浮上しているらしい。

 

ハーレーダビッドソンとイタリアメーカーとの縁は過去に、古くはアエルマッキ を傘下に収め小排気量マーケットに参入し、そして最近ではMVアグスタを買収しながら結局1モデルも出さずに手放した経緯もある。 

5年後に50モデル、10年後に100モデル投入し、「人々のハーレーに対するイメージを刷新する」という最近のトップ発言もある中、メーカー側からすれば、今までにないラインアップ=顧客層を手にできることを考えれば、確かに魅力的な買い物なのかもしれない。

(こちらの記事もご参照ください:「向こう5年で50モデルを投入」の裏側に見えるものとは http://harley-style.com/harley_style_blog_detail.php?id=345 、でっかく出たな! 2027年までに新機種100台! H-D社が 2017年第一四半期決算を公表 http://harley-style.com/harley_style_blog_detail.php?id=350)

 

でも、減収減益が続く中、買収なんて余力はあるのか? 

果たして、モトGP やワールド スーパーバイクで、疾走するバー&シールドを目にする日はやって来るのだろうか?

 

カバー写真は、アスファルトアンドラバー誌 https://www.asphaltandrubber.com/rumors/harley-davidson-buying-ducati/ より。

 

 

 

 

動画はまとめてこちらでも! YouTube HARLEY STYLE チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCWVoZO_GMBR8xXKhKV6H7xA

 

中古をお探しならハーレーのプロがお勧めするショップとバイク、ハーレースタイル中古車をご参考ください

おすすめ中古車はこちら

http://harley-style.com/

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

ニュースの記事一覧