2016年輸入二輪車登録台数速報

2016年輸入二輪車登録台数速報

日本自動車輸入組合(JAIA)の統計が発表になりました。

2016年年間通してのマーケットシェアでは、ハーレーは48.5%のダントツ1位でしたが、年間登録台数は10,766台、前年を僅か26台割り込み対前年比99.8%という惜しい結果に。

ハーレーは、これで2014年以降3年連続の前年割れとなりました。

 

輸入車全体では、対前年324台+の22,204台(101.5%)

トップ5社では、1位のハーレー、2位のBMW、5位のKTMが前年割れ。

3位のドゥカティは前年並み。

4位のトライアンフが対前年153.1%(+623台)の大躍進(あと3台で1,800台、惜しいな!)

といった結果となっています。

 

各社の月別前年比較をグラフにすると、こんな感じ(左側の棒が2016年です)

 

トライアンフは12ヶ月中、11勝1敗と、マイナス食らったのは2月だけ。昨年5位だった年間順位を1ランク上げています。

 

この結果がどう影響したのかは判りませんが、2016年は、トライアンフを除く上位4社の日本法人社長が交代するという、稀に見る珍しい年でした。

各社新社長の手腕で、業界地図がどのように塗り替えられるのか、興味深いところです。

 

 

 

 

 

動画はまとめてこちらでも! YouTube HARLEY STYLE チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCWVoZO_GMBR8xXKhKV6H7xA

 

中古をお探しならハーレーのプロがお勧めするショップとバイク、ハーレースタイル中古車をご参考ください

おすすめ中古車はこちら

http://harley-style.com/

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

ニュースの記事一覧