2016年7月輸入車登録台数速報と、8月、9月の気になる関係

2016年7月輸入車登録台数速報と、8月、9月の気になる関係

日本自動車輸入組合より、今年7月の輸入車登録台数速報が発表されました。

 

 

総台数では6月に引き続き2カ月連続の前年割れ。残念ながら、5月までに積み上げた対前年+の波を、この2カ月間で食いつぶしている流れです。

増税の影響、という分析もあるようです。4、5月が各社対前年プラスで好調だったことを見ると、この駆け込みで需要を先食いした。したがって全体的な需要は昨年並みということか。

 

さらには、7月は、夏場に入り様々な週末のレジャーイベントが開催されている上、参院選、また日本最大市場の東京都では都知事選、とユーザーの足を販売店から遠ざけるイベントが多かったこともあるでしょうが、加えて、各社それぞれ事情は違うようですが、国内在庫が調整局面に入っていて、売れ筋モデルの供給が市場の需要とマッチしていないのが原因ではないかと思われます。

 

ことハーレーダビッドソンに関しては、次年度モデルでの、ツーリングプラットフォームへの新型エンジンの導入を睨んでの国内在庫調整が大きいかな。

現行ツインカム88の導入時は、ツーリングとダイナから新エンジンの導入が始まりました。

ソフテイル用のバランサー付88Bの開発に時間を要したためです。

本国の報道を見ていると、今回はツーリングのみの様ですが、まだ、正式には判りません。

ただ、昨年本国ではダイナも103キュービックインチに排気量が上がっています。製造コスト的な観点から考えると、新エンジンは積まないまでも、日本でもダイナが103キュービックインチに上がる可能性は大きいと思われます。流石に110は、無いかなぁ? ここ暫くの動きを見てると、110エンジン搭載のローライダーS、あとは、FLSS、FLSTFS、FXSEあたりは、そのまま継続販売されるでしょう、恐らく(参考記事はコチラhttp://harley-style.com/harley_style_blog_detail.php?id=309)。

 

8月、月末に世界的な新車発表のタイミングを迎える、ハーレーにとってはいわゆるお正月。

ここへ来て市場では、現行年式売り切りの様々な施策が投入されてきている模様。

この8月、9月、価格条件面だけを考えれば、「買い」のシーズンであることは間違いなさそうです。

 

 

 

動画はまとめてこちらでも! YouTube HARLEY STYLE チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCWVoZO_GMBR8xXKhKV6H7xA

 

中古をお探しならハーレーのプロがお勧めするショップとバイク、ハーレースタイル中古車をご参考ください

おすすめ中古車はこちら

http://harley-style.com/

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

ニュースの記事一覧