趣味と子育てのジレンマの解消が人気の秘訣?

趣味と子育てのジレンマの解消が人気の秘訣?

 

今回はSBIホールディングス株式会社のインズウェブ事業部が運営する『保険の窓口インズウェブ』において、「中高年ライダー実態調査」を実施し、衝撃のアンケート結果がでましたのでご紹介いたします。本アンケート内で注目したい内容があったので言及していきたいと思います

 

 

【バイクを楽しんでる人は意外に多い!】

 
中高年のオートバイ運転シーン
オートバイに乗り始めた年齢
多くの中高年ライダーは、目的問わずあらゆる移動手段としてオートバイを利用して、楽しめる趣味、として定着しているようです。中高年ライダーがオートバイに乗り始めたのは、平均すると24歳のとき。1980年代に起きたバイクブームの影響があるようです。意外にも「デート」でオートバイを楽しむ中高年が29%いたことから、奥さんや恋人とも趣味として楽しんでる姿が想像できます。アンケートでは意外と楽しむ人が多いのが意外でした。
 
【オートバイを子供と一緒に楽しむ人が増えている!】
 
 
 
中高年になってからの新しいオートバイの楽しみ方の一つとして「子どもと一緒に楽しむ」を多くのライダーが期待しているようです。「実際に今、一緒にオートバイを楽しんでいる」の18%と、「今後、機会があれば一緒にオートバイを楽しみたい」の47%を合わせると、過半数以上が子どもとオートバイを通した交流を望んでいる結果になってます。最近では、ロードレースやオフロードバイクなど、オートバイは子どもの習い事としても人気です。親子で安全かつ楽しくオートバイを楽しむ新しい試みもあります。
 
 
 
 
実際にキッズバイクやストライダーのイベントは非常に人気が高く、定員1日50名の枠が1時間でソールドアウトする人気ぶり、そこには、以前乗っていたが、家族や家計の問題など「自分で楽しむ」から「家族で楽しむ」変化が見られます。参加者を見てみると親の年齢は30−40代、お子さんまだ小さく子供から手が離せない方が多数見受けられました。
 
 
 
【趣味と子育てのジレンマの解消が人気の秘訣】
 
最近では休日、子供と遊ぶお父さんを公園で見かけることがよくあります。子供を持った方なら誰もが経験することですが子育てで休みがなく、疲れた妻の仕事を少しでも軽減しようという夫の休日の仕事。その休日の仕事をキッズライドは遊びと子育てを両立できるから上手くはまったんじゃないかと思います。久しぶりに好きなバイクを乗らないにしろ触れられる。子供も楽しめる。奥さんの機嫌も良くなる。ほんと最適な遊びなのかもしれないですね。個人的には将来子供と一緒にバイクに乗れたら....と夢も感じさせてもらえるイベントと思いました。またそういう子供向けの習い事やスクールなどもあれば、よりはまりそうですね
 
イベント自体はショッピングモールなどのアクセスがいい場所で最近は行われているので、お子さんがおられる方は機会があれば是非参加されてはいかがでしょうか?皆様も残りの連休、楽しんでください
 
あと少しでも皆様の希望を叶えるハーレー100万購入券プレゼントも5月6日(木曜日)までやってます。応募して損はないので良かったらエントリーください
最大100万円サポートキャンペーン応募はこちら
 
 
 

モーターサイクルの記事一覧