新車年間販売台数が40%が 「Sportster」そのルーツを探る

新車年間販売台数が40%が 「Sportster」そのルーツを探る

 

 いまや新車年間販売台数の40%が 「Sportster」という圧倒的支持を得ています!そこで何故こんなに人気があるのかそのルーツを探っていきます!

 

 

 

 

スポーツスターの元祖 Kモデル

 

 

XL SPORTSTER

 

 

 

XLCR 映画ブラックレインでマイケルダグラスが載ってたのはXLCR風にカスタムしたEVOスポーツなんですがベースとなったのがこちらのバイクです

XR750

 

 

スポーツスターの元祖であるKモデルは1957年に新モデルへバトンタッチする。最大の変更点はエンジンで、サイドバルブからビッグツインと同じ、OHV(オーバーヘッドバルブ)を採用した。このエンジンはロッカーカバーの形状から、ショベルヘッドと呼ばれるようになる。'58年には高圧縮比のXLH、とコンペティション用のXLCHが登場。FLの小型版的な外装から、小型のタンクなどその後のスポーツスター独特のスタイルに続くものになった。後にXLCHも保安部品を追加して市販され、XLHとXLCHはハーレーのスポーティーモデルとして、スポーツスターと名付けられた。'78年にフレーム形状が、現行車のもとになる形に変更。同時にXLCRというカフェレーサースタイルのマシンをリリース。ダートトラックレースでは、レース用の専用エンジンとシャシーのXRがライバルを蹴散らしていた。ショベルヘッドエンジンのスポーツスターは、改良を重ねがら1985年まで28年間にわたって生産され、新型エンジンのエヴォリューションを搭載したモデルへと変わった。

 

 

 

参考URL

スポーツスターの中古車情報はこちら

http://harley-style.com/products/list.php?platform_id=4

 

その他のブログはこちら(Harley Style Blog)

http://harley-style.com/harley_style_blog.php

 

ハーレー ダビッドソンの記事一覧