鳥だ! いや、飛行機だ!、いや… バガー?!

鳥だ! いや、飛行機だ!、いや… バガー?!

 

 

 

 

2015年3月、オーストラリア南部にある湖、Lake Gairdnerで行われた 第25回 DLRA (Dry Lakes Racers Australia)スピード ウィークに挑戦したHarley-Davidson Australia New Zealandチームの記録映像です。

ライダーはV-Rodでドラッグレースにもチャレンジしている Corey Buttigieg

マシンは…

 

なんと!2015年モデルのFLTRXS ロードグライド スペシャル!

純正スクリーミン イーグル パーツでスープ アップしたスペシャルマシンとは言え、「バガー」です!

 

彼らはこのマシンにPepperという名をつけました。ソルト フラット(干上がった塩湖跡にできた塩の平原)だけに、胡椒も必要ってことか?ま、日本人にはなかなか通用しないジョークですが、伝統の Harley-Davidson Racing カラーをまとったこのマシン、空力を考慮したフロントフェンダーやフェアリングが特徴的です。

 

このフロントフェンダーは、街乗りカスタムにもアリかも…(^^)

 

 

バガーの象徴、サドルバッグには、何やら怪しい加工が施されています。

どうやら、前からエアーを取り込み…

 

 

整流して後方に流す仕組みになってるんですね!

 

最高速記録を目指して、何度も果てしないソルトフラットに挑むこのレース。最初っから全開でぶっ飛ぶ訳では無いんですね。

路面は塩ですから、当然スピードが乗って抵抗が減るまではダートトラックみたいなもんですね。

スタート時は、マシンのパワーも相まって、もうズルズルです ^^;

 

走行中でも路面はバリバリエグられて、剥がれて吹っ飛んでる様子がカメラに捉えられてます。

 

 

塩の平原の中での4日間の挑戦。

なかなかセッティングが決まらず、2日目には別のチームのストリームライナー(最高速チャレンジ専用マシン)が転倒事故を起こしレースが中断される場面も。幸いライダーは病院に収容され命は助かったようですが…

 

 

ECMの問題も解決し、最終日に叩き出したレコードは、時速165.1マイル!

km表示にして、260km/hちょっと です。

 

今の仕様で175mph(時速280km)は出せる筈、なんだだそうで…スゲェ^^;

彼らの挑戦はまた来年も続きます。

 

 

 

 

カスタムバイクをお探しならハーレーのプロがお勧めするショップとバイク、ハーレースタイル中古車をご参考ください

おすすめ中古車はこちら→FLTRXS

 

 

FLTRXS

FLTRXS ロードグライドスペシャル。2014年に生産されなかった「ロードグライド」が、「シャークノーズフェアリング」に代表される新しい外装を纏って2015年モデルで復活。2014年の『PROJECT RUSHMORE』でウルトラに採用された新型フレーム、フロントフォーク、前後連動新型ブレーキシステムなどが装備された。

 

 

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

映像・画像の記事一覧