タイヤは履歴書だ!タイヤでわかる知って得する豆知識 後編

タイヤは履歴書だ!タイヤでわかる知って得する豆知識 後編

 

医者は胸部を打診することで心臓や肺の空気の入り具合が悪くないか判断します。八百屋さんは西瓜を叩いて熟れ具合をみると言われています。じつはバイクも症状から分かるところがあります。前回に引き続き、今回はタイヤは履歴書だ!タイヤでわかる知って得する豆知識 前編の後編をお伝えします

 

 

 

【実践!タイヤの見方の教えます

 

では実際に見てみましょう!見るのはXL1200Xフォーティーエイト

 

 

 

 

130/90B16というのがフォーティーエイトのタイヤ番号です。順番に見ていきます。「130」これはタイヤの幅のことをさします。ハーレーではスタンダートなタイヤ幅で昔から使われています。次に「90」これは偏平率(偏平率(%)=タイヤ断面高さ/タイヤ断面幅×100)をさします。続いて「B」はベルテッドバイアスといいラジアルとバイアスの中間的な性格。なにそれ?となりますが分かりやすく言うと、走行中にラジアルはグリップ、操縦安定性に優れる、バイヤスは乗り心地に優れるというのが特徴です。すなわち「B」はその中間であるということです。最後に「16」はタイヤの内径の表示。16インチのホイールが適合。これによりホイルが16インチというのが見てわかります。

 

 

XL1200Xのタイヤ

 

次に製造年週を見てみましょう。XL1200Xのタイヤの横を見ると写真のような「5014」という数字があります。2000年以降は、下4桁(例5014)の数字が製造年週になるので、最初の2桁の数字50は週(50週)、最後の2桁の数字14は年(2014年)をとなります。すなわち2014年の50週目に作られてるタイヤということになります。1年間は52週なの12月の中〜後半製造されたことになります。よくこれを知らない人に「このタイヤは2014年の12月のやつですね」と話すと「なんでわかるんですか?」というリアクションをされます。詳しく説明すると「へ〜タイヤを見るだけでいつのタイヤかわかるんだー」と言われ少し尊敬の眼差しで見られます。よかったら一度試してください。

 

 これらをを踏まえて診断していきます

 

【プロが答えるタイヤに関するQ&A】

 

Q、よく溝が減ってないが、年数経ってる場合はどうするの?

A、換える これはゴムが硬化しており。本来そのタイヤが持っているグリップ力が無いので走行中に滑ったり、するケースがある。ひどいものになると大きなひび割れをしていたりするのでわかりやすいのではないでしょうか

 

Q、溝がないタイヤとはどれぐらい

A,雨天走行などでは路面とタイヤ間の水はけが悪くなりスリップし易くなったり、パンクにつながるので交換しましょう。タイヤサイドウォール部分の▷を辿っていくとスリップサインというタイヤ交換の目安があります(溝がなくなっていますこの場合はもうすぐにでも交換しないといけません)

 

 

 

Q、タイヤ選びはどうすればいい?

A、ハーレーの場合、ハーレー用でタイヤがほぼ出ていますのでその中で選ぶ。(車重が重いので、それに対応しています) 車両のイメージなどからタイヤの溝の形で選んだりする(旧車風など)ことが多いのではないでしょうか?あとは値段、純正指定タイヤはHARLEY-DAVIDSONのロゴが入ってるので比較的純正を選ばれる方が多いです

 

 Q、空気圧チェックするに気つけることは?

1人乗り、2人乗りでも荷重が変わるので数値も変わります。規定値を調べて乗る前にタイヤゲージで図り。必要なら空気を入れてください。空気はお近くのショップへ行けばすぐにでも入れてくれるはずです

 

 

 

【最後にプロからのワンポイントアドバイス】

タイヤは正直です。ライダーさんがどの様な乗り方をしているのか話してくれます。喋らないタイヤは嘘もつけないのです(笑)。カッ飛ばして乗っている方やブレーキングの激しい方のタイヤは均一に減ってくれません。高速道路を使ってのツーリングに出かけるのが多い方はタイヤ中央が極端に減ります。逆に峠道を攻めている方は両サイドが中央より早く溝が無くなります。ライダーさんの癖や使用状況など色々な事を教えてくれます。今更ながらですが、バイクは車体を傾けることで方向を変えます。バイクを傾ける事で発生するキャンバースラストと遠心力とのバランスでコーナーを駆け抜けます。二輪と四輪のタイヤでは求められる物が全く変わってくるのです。路面とバイクが接しているところはエンジンでもミッションでもブレーキでも有りません。タイヤしかありません。エンジンのPOWERを有効に路面に伝え車体を前に押し出す。ライダーのブレーキ操作を路面に伝えて車体をコントロールする。溝さえあればと考えがちなタイヤですがとても大切な部品です皆様のバイクのかかりつけ医に一度相談してみてもいいのではないでしょうか。

 

カスタムバイクをお探しならハーレーのプロがお勧めするショップとバイク、ハーレースタイル中古車をご参考ください

おすすめ中古車はこちら→XL1200X

 

XL1200X

XL1200Xスポーツスターフォーティーエイト。 2011年モデル~。スポーツスターシリーズにピーナッツタンクが復活。スポーツスター初となる前後160mmファットタイヤにソロシート、新設計のハンドルバーを採用したファクトリーカスタム

 

 

 

ハーレーをもっと楽しく!

HARLEY STYLE official(画像を押すと移動します)

 

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

メンテナンス・パーツの記事一覧