熱いぞ!パリ!モーターサイクルショー!!

熱いぞ!パリ!モーターサイクルショー!!

フランスは、パリのモーターサイクルショーに来てみました

SALON DE LA MOTO (サロン ド ラ モト) 2015

会場は、パリの南西部の見本市会場、パリ エクスポ ポルト ド ベルサイユの5、6、8号館

 

 

 

 

 

 

 

各国のモーターサイクルとスクーター、そして電動バイク、電動アシスト自転車、要は2輪でモーター付きの乗り物全てを集めての大見本市です。

 

 

 

 

ハーレーは、6号館のほぼ中央に、一際大きなブースを出展していました。

 

 

 

 

 

 

 

  

最新2016モデルに、

 

 

 ストリートのカスタム…

 

 

 

 

 

 

そして巨大なブースの中央には電動バイクLIVEWIRE

日本ではなかなか見られないこのLIVEWIRE、コンパクトに見えますが、車格も大きめ、存在感があり、なかなかの迫力でした。

 

 

フランス、パリには驚くほど多くのバイクが走っています。歴史ある街ですから決して道路環境はさほど近代的ではありません。そんな環境で効率良い移動手段。街中に無料の駐輪スペースも多く整備され、オートバイの存在と必要性が認められていることを強く感じます。

 そんなお国柄ですから、スクーターの需要も高い。

モーターサイクルショーにも、多くのスクーターが出品されています。

 

 

 

 

 

あのBMWでさえ、なんと展示スペースの1/3がスクーター!

 

 

 

 

 

 ちょっと変わり種では、「バイクとギターとロックンロール」なんてテーマ展示があったり、

 

 

ハンディキャップを負ったバイカーをサポートする団体があったり、

 

成熟した先進国でありながら、まだまだ元気なオートバイ市場ですね。見習いたいものです。

 

 

 

カスタムバイクも数多く展示されていましたが、

 

 

特に目を引いたのが、コレ! 

チョッパースタイルのトライクですが、なにしろデカイ!

こんなバイクを自由に転がせる環境、やっぱりちょっと羨ましいなぁ…

イベントの記事一覧