カスタム ビルダーナンバーワンの男の素顔 前編

カスタム ビルダーナンバーワンの男の素顔 前編

 

 

Z1カスタムの世界で32年。確立したカスタムを作る

アメリカにおけるAMDチャンピオンを受賞(日本人で 2006年Chicara Motorcycles永田力氏と

2011年にTAVAX ENGINEERING田端賢氏の2名が受賞)その幅は国産バイクにとどまらない。

 

 

 「国産旧車カスタムからハーレーカスタムは嫉妬から」

 

 

編集部:今日はよろしくお願いします

 

田端:お願いします

 

編集部:さっそくですが田端さんはよく聞かれると思うんですが、なぜZ中心なカスタムを行っていたのにアメリカのしかも

    ハーレーのカスタムコンテストに出ようと思われたんですか?

 

田端 chicara(永田力)が夢に出てきたから

 

編集部:どうゆうことですか?

 

田端:毎日夢に出てきたんですchicaraが。chicaraのバイクを、雑誌で見てカッコイイなー、自分と重なった部分があった

   それで嫉妬した!

 

編集部:重なった部分とはどういうことですか

 

田端:にてる部分があった。でそのバイクに嫉妬したんです。今だから言えるんですけど

 

編集部:生々しいですね

 

田端:ほんま毎日夢に出てきた....なんとも言えない感覚になった....その夢に出てこないようにするにはどうしたらいいか? 

   出るしかなかった。出て、優勝するしかなかった。だから出たんです

 

【自己解析で勝てることを考えた】

 

 

編集部:しかし初出場で初優勝すごいですね。

 

田端:当時勝つしか考えててなかった。自信があるとかじゃなく。僕はすごいぞ!とかそんなこと考えてない。今もそう

   勝つためにはどうしたらいいか、それしか考えてなかった

 

編集部:どんなことを考えたんですか?

 

田端:やったのは自分の強みは何か?自己解析した。自分はいままで4気筒カスタムを作ってきて、1つ目は

   利点フレーム作りだと、ハーレーは見た目(が需要視される)4気筒はみためだけではダメ!安全にはしることも要求される

 

   ※TAVAXではカスタムバイク制作時、必ず図面を引く。スピードを求められる部分も多い国産では走行中の安全性を重要視される

   そのために計算されたフレームや足回りを出さないといけないという考えがある

 

編集部:両方が重要と。

 

田端:図面が引けるとは....バイクって、ただ良いだけではなく、安全に走れなくてはいけない。普段やっているZであれば200KM/h

  出してもぶれずに曲がって走れるバイクを作らないといけない

 

編集部:なるほど

 

田端:それでいて、見た目が美しいバイクでなくてはいけない。速いだけならMOTO GPマシンでいいし、綺麗だけならなんでもいい

 

編集部:むずかしいですね。

 

田端:もう一つは経験「バイクだからのれて、安全に走れる」そこを25年している経験がある。そこが強みであると考えた

 

編集部:言葉はシンプルですけど、重みがありますね

 

田端:ずーっとそれしかやってきてないから(笑)

 

 

 後編に続く

 

 

カスタムの記事一覧