リコール情報「ストリート750」 燃料ポンプの不具合

リコール情報「ストリート750」 燃料ポンプの不具合

 

 

 

 

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社は平成27年10月9日国土交通大臣に対して、燃料ポンプに不具合があるとしてリコールの届出をした。対象は平成26年4月28日〜平成27年6月15日のSTREET750、モデル計733台

 

 

【基準不適合発生箇所】

 

燃料タンク内の燃料ポンプにおいて、当該ポンプの吸い口の気密性が低いものがある。そのため、燃料ポ ンプからエンジンへの燃料供給が不安定になり、加速時にエンジン回転が円滑に上昇せず、最悪の場合、 走行中にエンジンが停止するおそれがある。

 

【改善の内容】

全車両、燃料ポンプを対策品に交換する。 

 

 

詳しくはお近くの代理店までお問い合わせください→代理店検索

 

また対象がわかるリコール照会もこちらからできます→リコール紹介

 

 

 

 

 

 

最新の記事(※画像クリックすると移動します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーレーをもっと楽しく!

HARLEY STYLE official(画像を押すと移動します)

 

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

ニュースの記事一覧