二輪車「世界初公開18台」!11カ国160社が参加―東京モーターショー

二輪車「世界初公開18台」!11カ国160社が参加―東京モーターショー

 日本自動車工業会は1日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で今月29日から11月8日(日)までの11日間、第44回東京モーターショー2015を開催することは発表した 。世界11カ国の160社が、最先端の環境技術や自動運転技術などを駆使した計414台の四輪車や二輪車などを出展。このうち76台が世界初公開(二輪車18台)、日本初公開は68台(二輪車15台)となる。

 

 

 

 

主催者テーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」

東京モーターショーのシンボルイベントとして主催者が取り組むテーマ事業「SMART MOBILITY CITY 2015」(SMC2015)は、今回で3回目の開催となります。これまでの展示会の概念を大きく進化・変貌させるべく、近未来の「明日の街」を出展者と主催者が一体となって創り上げる他、自動運転をテーマにした国際シンポジウム、自動運転・高度運転支援システムの体験などを組み合わせたユニークな企画となります。

 

 

 

 

記念イベント「東京モーターショー60周年記念パレード」

                                              

 

開幕前週の10月24日(土)に「東京モーターショー60周年記念パレード」を東京モーターショー発祥の地・日比谷で実施します。東京モーターショーは、1954年に第1回全日本自動車ショウが東京・日比谷公園で開催され、昨年60周年を迎えました。これを記念し、自工会の各社トップもドライバーとして参加し、1950年代から現在までの各時代を代表するクルマ約70台が日比谷、日本橋、銀座を巡る6kmのコースをパレードします。

 

 

 

 

メディアイベント「Mobilityscape Tokyo 2015」

                                              

 

プレスデー2日目の10月29日(木)に、日本の自動車産業の競争力や日本メーカーの魅力を「日本ブランド」として世界に発信することを目的としたメディア向けイベント「Mobilityscape Tokyo」を前回ショー(2013年)に引き続き実施します。東京モーターショー会場内で実施する「Mobilityscape Tokyo 2015」は、「日本のモノづくり」と「未来のモビリティ」をテーマに、参加メディアからの質問も受けながら、自工会の正副会長5名によるインタラクティブなトークセッションを行います。

 

 

 

 

 

プレビューデーの新設と障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日

                                               

 

プレスデー2日目の10月29日(木)の午後(14時30分~20時00分)に、プレビューデーを新設し、併せて障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日とします。
今回、第43回(2013年)で初めて導入したプレビュー・ナイトを、プレビューデーと名称を改めて、実施時間を前回の2時間30分から5時間30分に拡大します。当日は入場券の購入者(3,500円(中学生以上)、1万枚限定)の他、出展者の招待者も来場します。また、同じ時間帯で「障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日」も実施します(参加申込者1,000名様を招待。参加受付は9月30日(水)に終了) 。

 

 

 

 

 CEATEC JAPAN 2015、第44回東京モーターショー2015とのイベント連携

情報・通信の国内最大の展示会CEATEC JAPAN 2015(会期:10月7日(水)~10日(土))と第44回東京モーターショー2015が本年10月に開催されます。前回ショー(2013年)に引き続き、本年秋の同時期に開催されることを好機と捉えて、相互PRを実施します。

 

 

 

 

来場者向け参加体験型企画とサービス

                      

特別企画

                                               

 

プロの運転による乗用車同乗試乗会

  • 二輪車試乗会
  • 自動車ジャーナリスト(AJAJ)と巡る東京モーターショー
  • 東京モーターショーシンポジウム2015
  • 日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)によるガイダンス付き小中学生特別見学

 

 

 

 

来場者サービス

                                               

 

会場内シャトルバス(無料)の運行

  • 東西展示棟間の往来をよりスムーズにするため、両展示棟間をつなぐ会場内シャトルバスを今回初めて運行します。(料金は無料)
  • 第44回東京モーターショー2015公式総合アプリ「TMS Mobile」の導入
    東京モーターショーの様々な情報を一括で確認できる上に、行きたいブースに案内するナビゲーション、混雑具合が可視化されるヒートマップ、出展ブースやイベントをお気に入り登録できるカスタマイズ機能など、様々な新機軸を内包しています。これ一つで会場が回れる総合情報ツールとなります。
  • オフィシャルWebサイトや公式SNSでの多彩な情報発信
    第44回東京モーターショー2015オフィシャルWebサイト
    http://www.tokyo-motorshow.com/
    SMART MOBILITY CITY 2015 Webサイト
    http://www.tokyo-motorshow.com/smc/
    SNS(Facebook、Twitter、Instagram)
  • グルメキングダム2015
    食べ歩きの達人(グルメブロガー)たちのオールスターチーム「たべあるキング」が選定した飲食販売ブースを展開します。グルメ界で名をはせる最強メンバーが、自らのネットワークを生かして、超有名飲食店を中心に誘致し、普段はイベント会場内になかなか出店しない名店(計20店舗)が集結します。
  • 日刊情報誌 Tokyo Motor Show News
  • 自動車ガイドブック、エコバッグの販売
  • オフィシャル・グッズ、出展者プレミアムグッズの販売

 

 

 

 

 

最新の記事(※画像クリックすると移動します)

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーレーをもっと楽しく!

HARLEY STYLE official(画像を押すと移動します)

 

 

実名で語り、リア充もという方はフェイスブックをおすすめ

https://www.facebook.com/HARLEYSTYLE

 

 

情報だけ欲しくてめんどうなやりとりはいらないという方はツイッター

 

https://twitter.com/harleystyle_

 

 

手軽に画像や動画だけ見たいという方はインスタグラム

https://instagram.com/harleystyle_official/

 

 

ニュースの記事一覧